岡山県中山間地域協働支援センター

トップページ活動ブログ

活動ブログ

【イベント情報】

令和3年12月12日(日)10:00~15:00
岡山市北区表町商店街 アムスメール上之町にて
2年ぶりに「岡山のふるさと来て!見て!体験!さと×まちフェスタ」を開催します!!

おかやま元気!集落や地域おこし協力隊のみなさまが、
心を込めて育てた野菜やお餅、加工品などを販売いたします♪
お子さまにもご参加いただける、
百々(どうどう)人形の絵付け体験やみつろうエコラップづくりといった体験ワークショップもご用意!

中山間地域ならではのお楽しみがいっぱいのイベントに、ぜひ、ご家族やお友達とお越しください☆彡

日 時:令和3年12月12日(日)10:00~15:00
場 所:岡山表町商店街 アムスメール上之町(岡山市北区表町1-4-64周辺)
       <Googleマップ>https://goo.gl/maps/sWMEcmkiwQK2
問合先:岡山県中山間地域協働支援センター(平日9:00~18:00) ☎086-803-3733

さとまちフェスタ2021.jpg
PDFはコチラ! さと×まちフェスタ2021.pdf

<出店・出品内容>  ※内容が変更になる場合もございます。ご了承ください。
◆ 岡山市
 *岡山御津お正月研究会:お正月飾り、麦ストロー、オーナメント
◆ 笠岡市
 *飛島:椿油
 *有田商店:グリッシーニ、キッシュ、お弁当
◆ 井原市
 *pasion:パウンドケーキ、スコーン、シロップ
 *暮らし方研究所烏頭のおやま:ハンドドリップコーヒー、ドライフルーツ
◆ 高梁市
 *玉川町:木炭、ミニチュア炭俵、木酢、もち、山菜おこわ、お飾り、竹細工
 *佐藤紅商店:吹屋の紅だるま、吹屋の紅てんぐ等
◆ 備前市
 *ビストロMeat Up備前:備前牛バラカルビ飯、備前牛ハッシュドビーフ 
◆ 真庭市
 *地域おこし協力隊:ウェルシュケーキ、ロイヤルミルクティー、チャイ、ドライりんご、揚げかきもち、白もち、おこわ、焼肉のたれ、ピオーネシロップ
◆ 美作市
 *旧梶並小学校区:梶並刺身こんにゃく、梶並そば
 *豊田地区(薪窯パンききつち):自家製酵母パン、焼き菓子、ゆずドリンク、ぜんざい
◆ 矢掛町
 *山ノ上集落:干し柿
◆ 勝央町
 *地域おこし協力隊:「勝ブランド」認定商品
◆ 奈義町
 *小坂地区:竹炭加工品
 *地域おこし協力隊:よこぜんそば、蜂蜜、野菜、みつろうエコラップづくり体験
◆ 久米南町
 *下弓削上之町:ゆずコロ
 *地域おこし協力隊(くめなんファーム):久米南町野菜、えごまドレッシング、焼き菓子、お餅、焼き芋、ドライフルーツ
◆ 美咲町
 *大垪和地区(シェヌー):麻婆丼
 *北和気地区(百々人形保存会):百々人形絵付け体験
 *北和気地区(アグリモモ):お米、白菜、お餅、漬物、卵、黒ニンニク、巻きずし、卵まき、助六、焼き芋、味噌
 *南和気地区(南和気パン工房学校のパン屋さん):米粉パン、米粉の菓子等
 *南和気地区(美咲ブルーファーム寒竹):お餅、ブルーベリージャム、ブルーベリーソース、飲む酢、メレンゲ菓子等

<新型コロナウイルス感染症対策について>
新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、各種対策に努めながら運営を行います。
ご来場いただくみなさまには次のことにご協力くださいますようお願い申し上げます。
1.発熱・咳・悪寒等の症状のある方、体調に不安のある方は、ご来場をご遠慮ください。
2.マスクを着用し、咳エチケットにご協力ください。
3.設置しているアルコール消毒液で手指の消毒をお願いします。
4.お客様同士の間隔を十分に空けてご参加くださいますようお願いします。
5.会場には飲食スペースがございません。お持ち帰りいただきますようお願いします。
※新型コロナウイルス感染状況により、イベントを中止する可能性があります。
 中止する場合はこちらのページに掲載いたします。

岡山県「感染防止策チェックリスト」(様式5)は以下のとおりです。
感染防止対策チェックリスト_様式5.pdf
出店者リスト2021.pdf


令和3年度集落のあり方を考えるシンポジウムを下記日程にて開催いたします!

今年度は、「多様な集落のあり方―人口減少と向き合いながら―」と題し、島根大学教育学部教授 作野広和氏にご講演いただきます。
人口減少や高齢化が急速に進む中、これからの集落のあり方などについて、事例を交えながら多面的に議論いたします。

日  時:令和3年11月21日(日)13:00~15:00
申込方法:メールにて、下記アドレスへお申し込みください。
     okayama.chu@gmail.com
     表題を「集落のあり方を考えるシンポジウム参加申込み」としてお送りください。

※新型コロナウイルス感染防止対策として、オンラインで開催いたします。
 オンラインでの視聴が難しい場合は、美作県民局でも視聴できますので、お問い合わせください!

集落のあり方を考えるシンポジウム2021_01.jpg

集落のあり方を考えるシンポジウム2021_02.jpg

PDFはコチラ!集落のあり方を考えるシンポジウム.pdf

ご参加お待ちしております!


西粟倉村大茅地区で行われた、「芝桜の植栽」応援団に岡山大学学生8名がご参加くださいました!

5月にお手伝いに行く予定が、緊急事態宣言や蔓延防止の影響で延期となり、

学生のみなさんは2回のワクチン接種や、参加前日に抗原検査も済ませての参加となりました。


10時半に芝桜公園休憩所に集合し、井上会長より芝桜公園の6年間の歩みを

写真を見ながらお話していただきました。

setumei1.JPG

現地で、まずはどうやって植えるかの説明をしっかり、聞き入る応援団。

sagyou3.JPG

来春の満開を想像しながら、斜面の芝桜の古い根をはがし、

新しい苗を植え付けます!

nae.JPG

sagyou4.JPG

sagyou8.JPG

shiage.JPG

お昼ご飯は、地域のお母さんたちがお手製の、“栗おこわ” “新米おにぎり”

唐揚げを用意してくださいました!

hirugohan12.JPG

お腹いっぱい!おいしかったです!

syokuji.JPG

休憩をはさんで、地域内に移住されて和楽器の修理をされている尾﨑さんが

笙、竜笛、篳篥の3種の和楽器の解説を交えながら演奏してくださいました!

心にしみる素敵な音色♪

syou14.JPG

学生も真剣に聞き入っていました。

syou15.JPG

午後からは残りの斜面に一気に植えていきます!

sagyou6.JPG

sagyou7.JPG

植栽用の芝桜がなくなって、本日のお手伝いは終了となりました。

予定の倍近く作業が進んだと、協議会のみなさんが喜んでおられました!

帰りに、コロナ禍の影響を受けている学生さんへと、

“新米のプレゼント”をいただきました!

kome18.JPG

応援団に参加してくださったみなさま、お疲れ様でした!

芝桜が満開のときに大茅地区へ足を運んでくさいね♪

oogaya17.JPG







昨年の9月から、矢掛町山ノ上集落にて「アイデアソン in 矢掛町-おかやま元気!集落の課題解決ワークショップ-」を実施いたしました。
干し柿づくりが有名な矢掛町山ノ上集落で、地域活動を持続できるよう課題解決のアイデアを、大学生や地域おこし協力隊のみなさんと一緒に考えていく取り組みです。
地域の説明、干柿つくりの体験、「山ノ上農産物直売所」のリニューアル、課題解決のアイデアプラン発表を、約4か月かけて行いました。
その様子を、報告させていただきます。

20.9.26
まずは、これまで山ノ上集落の持続可能な社会の構築に集落の人たちと取り組んでこられた教育庁高校教育課の室 貴由輝氏より、集落の魅力や取組み、課題などをご説明いただきました。
参加者の大学生たちは、これから自分たちがとりかかる課題解決の糸口を探りながら真剣に聞いていました。

01_murosensei.JPG

自己紹介ののち、柿畑が広がる山頂へ移動。樹齢300年の柿の木を見たり、草刈りを体験したり。
徐々に、集落を肌で感じていきます。

02_kusakari.JPG

その後、集落からリニューアルしてほしいとの要望が出ている「山ノ上農産物直売所」を見学。
実際に売られている「巻柿」「はったいこクッキー」などを試食。
03_chokubaikengaku.JPG

後半は、3グループに分かれて山ノ上の印象を話し合うワークショップを実施。
「皆さん気さくで元気」「思っていたより柿の木があった」「雲海を見てみたい」など、付箋でいっぱいに!
04_miryokuworkshop.JPG


20.10.24
この日は、実際に干し柿づくりを体験しました。
高枝切りばさみを使って収穫。はさみの使い方やコツを地域の人とコミュニケーションを取りながら教えてもらっていました。05_kakishukaku.JPG

加工場ではピーラーを使って皮むきに挑戦。
地域のお母さんたちの手早い作業にびっくり。
思った以上に手間がかかることを実感したよう。
06_kawamuki.JPG

昼食には、矢掛町地域おこし協力隊の西野氏が作ったお弁当をいただく。
柿をはじめ、地元の食材が盛り込まれており、食べることで地域の魅力を感じるひととき。
06_chusyoku.JPG

午後は、「山ノ上農産物直売所」リニューアルに向けての案出しワークショップ。
地域の人にヒアリングしながらニーズを掴んでいく。
レイアウトやポップなど、イメージを具体化していきました。
07_renewalandashi.JPG

 

20.11.28 / 20.11.29
いよいよ「山ノ上農産物直売所」リニューアル実施へ。
「壁の装飾グループ」「商品棚グループ」「ポップグループ」に分かれて、アイデアを形にしていきます。

壁を飾り
08_kabe.JPG

商品を並べ
09_shohinnarabe.JPG

ポップを設置。
10_pop.JPG

取材も受けました!
11_shuzai.JPG


21.1.16
最終日は、プラン発表会です。
テーマは10年後の山ノ上集落。

3グループが順番に発表しました。
「県主催のサークルを創設して、継続的に地域とのかかわりを持つことが、10年後の山ノ上集落を支えると考えます!」
12_group1.JPG

 「干し柿を高級志向にしてブランド化し、購買層を広げます」
「ヒトとカネの動きを継続させることで、文化を繋ぎます!」

13_group2.JPG

「年に1回のみオープンする「雲の上カフェ」をもっと活用します」
「山ノ上集落だけでなく、矢掛町の商店街や店ともコラボして認知度を上げます!」
14_group3.JPG

さまざまなアイデアが発表され、地域の人や自治体の方からは
「ボランティアが基本の提案が多いなか、収益を生む話に感心した」
「いろんなヒントをいただいた。観光にも繋げられると思う」
といった講評をいただきました。

今回生まれたアイデアが、実現へと進みますように!
みなさん、長期間、本当にお疲れさまでした!!
そして、これからも繋がっていけますように。

 


令和2年度 津山市出前研修会「地域づくりのヒントを得よう-活動人口を増やすコツ-」を、令和2年11月19日(木)に津山市役所 2階大会議室にて開催いたしました。

今回の研修会には、おかやま元気!集落関係者、まちづくり協議会(地域づくり関係団体)、集落支援員、市町村職員の方など、69名のみなさまにご参加いただきました。うち20名はオンラインでの参加をいただきました。

201119_tsuyama_kaijo.JPG

テーマは地域づくり。
地域づくりに取り組んでいる地域、これから始めようと思っている地域、どちらにも考えていただきたいと企画しました。
講師には、城西まちづくり協議会の事務局長である佐々木裕子氏、実際に現場を担っている青壮年を代表して平野壮司氏をお迎えしました。

201119_tsuyama_sasaki.JPG

佐々木氏からは、城西まちづくりのなりたちや地域での支え合いの仕組み、防災への取組みなどを、具体的に例を挙げながらご説明いただきました。
それらのプロセスで、仲間を増やすための工夫や、若い世代に参加してもらうためのヒント、つぶやきをつぶやきに終わらせないで地域の活動に繋げていく重要性、活動人口を増やすコツなどが参加者に伝えられました。

平野氏からは、3世代が親睦を深める場づくりとして行った城西児童公園整備での体験談や、活動を楽しむことの大切さなどが語られました。

201119_tsuyama_hirano.JPG

また、活動を始める際に活用される「実践したいまちづくりの組み立てシート」が紹介され、目的を見失わない姿勢を共有しました。

質疑応答では、会場から「役割がなければ本気にならないとのことだったが、言い出しっぺになると責任がかかるのでは」との質問が挙がりました。これに対しては、「みんなでやる仕組みづくりを事務局が担う必要がある」と佐々木氏。
平野氏からも、「若い世代にも、まずは参加してくれるだけでいいという場づくりを心がけている」との思いをお話いただきました。

201119_tsuyama_shitsugi.JPG

失敗した経験や、それを解決した経緯や思いを交えながらの2人のお話は、参加者の皆さまにも興味深く響いたようでした。
参加してくださったみなさま、ありがとうございました!!


令和2年度 出前研修会・井原市リーダー養成研修会「特産品づくりのココロエ」を
令和2年10月29日(木)に井原市民会館の鏡獅子の間にて開催しました。

今回の研修会には、おかやま元気!集落関係者、まちづくり協議会(地域づくり関係団体)、地域おこし協力隊、集落支援員、市町村職員の方など、81名のみなさまにご参加いただきました。

全体.JPG

テーマは「特産品づくりのココロエ」。
特産品を開発するにあたり、
「何から始めたらいいのか」
「何を気を付けたらいいのか」
「売るにはどうしたらいいのか」
など、不安や疑問とざっくりとした形で向き合ってしまうことも多いかと思います。

そこで、すでに特産品を開発・販売している元地域おこし協力隊の方や、販路である自然派食品を販売する企業の方、にんにく・うこんの生産・販売に取り組んでいる集落の方をお迎えして、講演・事例発表をしていただきました。

井関氏.JPG

井関氏2.JPG

まず、笠岡市の元地域おこし協力隊の井関竜平氏による講演。
井関氏は、笠岡市の六島で「六島浜醸造所」を立ち上げ、島で育てた麦を使ったクラフトビールの製造・販売を行っています。
自身の経験をもとに、
「商品を作る前に確認しなければならないこと」
「商品づくりに必要な3つの要素」
などをお話しいただきました。
日々出会ってきた人から得た教訓や、ターニングポイントとなった助言など、生きた言葉で分かりやすく説明いただきました。
参加者からは、「生産・製造・販売まで1人でできるものですか?」といった質問もありました。

光田氏.JPG

光田氏2.JPG

続いて、自然派食品を販売する店舗「アースファミリー」を展開する「株式会社ウエル」の光田正志氏による講演。
光田氏はバイヤーとして、全国を地球10周分移動したというつわもの。
「アースファミリー」のコンセプトや販売する商品の条件のほか、
「売れる食品の3要素」
「特産品づくりに大切なこと」
「6次化で競争の激しい商品」
などをお話しいただきました。
また、まさに今、注目されている食品のジャンルや、実際に売れている具体的な商品とその理由を紹介。
実際に販路として相談に乗っていただける姿勢を示していただきました。

大江.JPG

大江2.JPG

最後は、井原市大江まちづくり協議会の寺岡勝久氏より事例発表をいただきました。
ニンニク・ウコンの生産・販売を、「集落で」取り組んでる様子を動画とともに説明。
地域の人たちと運営しているイベント「観音マルシェ」や、高校生や大学生との交流活動なども紹介。
今年の夏に大学生がパッケージデザインしたガーリックパウダーを、参加者のみなさんにPRしていただきました。

発表後には、講師や参加者のみなさんで自由に交流いただき、意見・情報交換をしていただきました。
今回の研修が、特産品づくりのヒントになれば幸いです。
参加してくださったみなさま、ありがとうございました!!


毎年10月に行っている岡山県立岡山一宮高等学校の社会貢献活動が、今年も実施されました。
2年生が、下記の9集落にクラスごとに分かれて活動を行いました。
担当する地域は、各クラスのユネスコ委員を中心に相談して希望を出して決めます。

・井原市大江地区 ニンニク植えと交流
・新見市神郷油野三室 芝桜の管理(草取りなど)
・美作市東粟倉地区 遊歩道の清掃、囲碁ボールで交流
・真庭市上田地域 花壇整備、清掃
・真庭市鹿田地域 チューリップの植付け(デザインも)
・西粟倉村大茅地区 芝桜の管理、押し花、植え替え
・美咲町北和気地区 トレッキングコースの清掃、サツマイモ・キュウリの収穫
・美咲町南和気地区 「南和気荘」の管理・清掃、意見交換
・吉備中央町旧高富小学校区 用水路の土砂かき、意見交換

当日はそれぞれの集落にバスで訪問し、地域の人たちと交流しながら作業を行いました。

三室.JPG

新見市神郷油野三室では、芝桜を植える斜面の草取りを。雑草か芝桜かを見分けるのは難しい?

東粟倉.JPG

美作市東粟倉地区では、後山キャンプ場周辺の遊歩道を清掃。地域の人が古木をチェンソーを使って伐っている風景を初めて間近で見学し、木を伐ることの大変さを実感していました。

吉備中央町.JPG

吉備中央町旧高富小学校区では、用水路の土砂かき後、「何をすれば集落に人が増えるのか?」の問いにアイデアを出していきました。

意見交換は、井原市大江地区や美咲町南和気地区でも行われ、高校生の新鮮な意見に地域の人たちは熱心に耳を傾けていました。

高校生たちの笑顔にあふれた集落の一日。
これらからの元気をたっぷりもらえたようです。
「また、遊びにおいでー!」と、帰っていくバスに向かって手を振っていました。

一宮高校のみなさん、お疲れさまでした。
そして、ありがとうございました!!


矢掛町江良集落ではこれまで、「地域に飛び出せ!大学生」を通じてホームステイや田植え、秋祭りなど年間を通し岡山大学の留学生とは交流を続けています。

この度の新型コロナウィルスの影響で帰国できないままの学生やアルバイトもできない学生がいることを知り、経済的に困窮している留学生を対象にコメの支援を行うことを決定しました。
「輝け!江良元気会」が中心となり地域の回覧板等で支援の呼びかけを行い、なんと1トンものお米が集まりました!

また、矢掛町の「おかやま元気!集落」にも呼び掛けを行い、羽無集落と下高末集落からコメ、山ノ上集落から玉ねぎ、サツマイモ、ラッキョウの漬物などが提供されました。

寄贈式の当日は、約100人もの留学生のみなさんが集まっていただきお渡しすることができました。

2キロの米袋の一つひとつには、集落内にある中川小学校の児童や中川保育園の園児が書いた留学生たちへのメッセージが貼られています。

江良集落の坪井会長からは、「西日本豪雨の際に留学生のみなさんに助けてもらった。そのお礼がしたい。少しでも元気になってほしい。コロナが終息したら、江良集落にまた遊びに来てほしい」と熱く温かいコメント。

1.JPG

江良地区の方、岡山大学の方、留学生たちと記念撮影

2.JPG

江良集落の会長から学長へ、地域の小学校児童と幼稚園児からのメッセージを贈られました

3.jpg

1人に2キロの米をお渡し

4.JPG

会場には、地域の児童や園児からのメッセージボードが展示されました

多くの留学生のみなさんが長い列をなしてくれているのを見て、地域の思いが届いたことを確信しました。
一方向ではない「支え合う応援のあり方」が生まれたことをうれしく思います。

この先も、地域との交流が続いていきますように!


【イベント】※事前申し込みが必要
令和2年3月22日(日)10:00~12:00
矢掛町羽無集落にて「原木椎茸菌打ち体験」が開催されます!

ほだ木と呼ばれる原木3本に電気ドリルで穴をあけ、そこに椎茸菌を打ち込みます(*'▽')
すると、約1年半ほど管理すると椎茸が☆彡

「打って楽しい・生えてうれしい原木椎茸」を一緒に体験しませんか?
ぜひ、お申込のうえご参加ください♬

日 時:令和2年3月22日(日)10:00~12:00
場 所:桃源郷はなしの里 憩いの館(小田郡矢掛町上高末3749)
      <Googleマップ>https://goo.gl/maps/FrQsan1nn4qxgm667
参加費:3,000円(原木3本・昼食付)※1名増す毎に昼食代として500円
問合先:桃源郷はなしの里(事務局:長屋) ☎080-6309-6558

200322_hanashi.jpg


【イベント】
令和2年4月1日(水)~12日(日)9:00~16:00
※醍醐桜は夜間ライトアップ有~21:00まで
真庭市別所小学校区にて「醍醐桜とカタクリの花まつり」が開催されます!

岡山県内でも有名な桜の名所である「醍醐桜」と
その道中にあるカタクリの花の群生地が見事に咲きます♬

地域住民が1年を通して環境整備を行っているので、
道路も少しずつですが、良くなっています。

新型コロナウイルスの関係で、今年はお食事の提供はなしですが、
ぜひ、お越しください!

日 時:令和2年4月1日(水)~12日(日)9:00~16:00
    ※醍醐桜は夜間ライトアップ ~21:00まで
場 所:醍醐桜(真庭市別所吉念寺)
    カタクリ群生地(真庭市佐引)
      <Googleマップ>(醍 醐 桜)https://goo.gl/maps/KzVjoUoFmojrK5Zg6
               (カタクリ)https://goo.gl/maps/pujBYayZxV61BdF4A
問合先:別所小学校区をよくする会(近藤) ☎090-186-3225

200401-12_besho01.jpg

200401-12_besho02.jpg


【イベント】
令和2年2月16日(日) 9:00~13:00
井原市大江地区にて「観音マルシェ」が開催されます!

嫁入らず観音院・月例祭に開催する青空市。
採れたて野菜や果物、総菜、加工品、スイーツ、軽食、手作り雑貨などが並びます♬

ぜひ、みなさまお越しください!

日 時:令和2年2月16日(日)9:00~13:00
場 所:嫁入らず観音院前(井原市大江町1036)
      <Googleマップ>https://goo.gl/maps/3gCpJtE66nRTkh14A
問合先:大江まちづくり協議会 ☎0866-67-2373

ooe01.jpg

 


【イベント】※事前申し込みが必要
令和2年2月8日(土)18:00~21:00(宿泊の方は翌10:00)
※チェックインは15:00~20:00の間に。村民食堂は18時からです。
真庭市上田地域にて「上田星ノシタノ村民食堂「普門寺節分祭」を過ごす」が開催されます!

真庭市落合地区田原山上にある『旧上田小学校』を利活用した「UEDA VILLAGE」、
星ノシタノゲストハウス・森ノナカノカフェ・山ノウエノ美容院があり、
山の上だからこそ過ごせる、特別な空間♬

宿泊された方はぜひ、翌日に普門寺で催される「節分祭」にご参加ください。
火渡り体験などを通じて2020年の皆さまの除災開運・無病息災を祈願☆彡
うどん、甘酒、地元のお土産などもあります。

詳しくはイベントHPをご覧ください♬
ぜひ、みなさまのご参加をお待ちしています!

日 時:令和2年2月8日(土)18:00~21:00(宿泊の方は翌10:00)
    ※チェックイン15:00~20:00の間に。村民食堂は18時から。
場 所:囲炉裏茶屋 花見庵(真庭市田原山上2127:普門寺となり)
参加費:大人9,500円(1泊2日2食付)。日帰りの場合は5,000円。
問合先:UEDA VILLAGE(星ノシタノゲストハウス)☎050-3717-1494

◆翌日の「節分祭」について
参加費:1,500円(うどん・甘酒あり、お土産付き)
※護摩木祈願料、火渡り・豆まき体験
9:30までに受付をお済ませください

ueda01.jpg

ueda02.jpg

イベントHPはこちら☞https://peraichi.com/landing_pages/view/sonminsyokudo12